コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅葉傘・紅葉笠 もみじがさ

大辞林 第三版の解説

もみじがさ【紅葉傘・紅葉笠】

中央に丸く青土佐紙を貼り、外側を白紙貼りにした傘。周囲を青くしたものを軒青のきあおという。 「まだ夏ながら-を持て差さで来にけり/浮世草子・男色大鑑 2
〔「あめふればかさとり山のもみぢばは行きかふ人の袖さへぞてる/古今 秋下」から〕 日傘。
キク科の多年草。山中の林地に生える。高さ約80センチメートル。葉は柄が長く、掌状に五~七裂。夏、茎頂に白色の小頭花を多数円錐状につける。若苗は食用。モミジソウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紅葉傘・紅葉笠の関連キーワード青土佐紙男色大鑑浮世草子キク科多年草古今林地若苗掌状

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android