紅蓮華・紅蓮花(読み)ぐれんげ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。
① 真紅の蓮華。紅蓮。倶蘭荼華(ぐれんだげ)
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「この御堂の御前の池の方には、高欄高くして、その下に薔薇、牡丹、からなでしこ、紅蓮花の花を植ゑさせ給へり」 〔大秘密王曼拏羅‐三〕
② =ぐれんじごく(紅蓮地獄)〔大蔵法教‐四五〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android