コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋枯病(ソルガム・スーダングラス)

1件 の用語解説(紋枯病(ソルガム・スーダングラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

紋枯病(ソルガム・スーダングラス)

激発すれば植物体全体の枯死にもつながる重要な糸状菌病。梅雨前後に地際部から発病し、病斑が葉鞘を伝って上へ進展する。病斑は周縁部赤褐色、中心部灰褐色〜灰白色の雲形斑となる。発生後期には病斑上に褐色で表面が滑らかな菌核をつくり、これが地面に落ちて次の年の感染源となる。高温(特に30℃以上)高湿条件で多発し、罹病葉が隣の葉と接触してまん延する。病原菌はイネ菌と同じ菌糸融合群AG-1、培養型IAであるため、水田跡地で多発することが多い。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紋枯病(ソルガム・スーダングラス)の関連キーワード一体全体寒害首が繋がる血が繋がる紋枯病(トウモロコシ)紋枯病(パールミレット・ネピアグラス)紋枯病(飼料イネ)葉さび病(ブルーグラス)褐斑病(ブルーグラス)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone