コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋枯病(ソルガム・スーダングラス)

飼料作物病害図鑑の解説

紋枯病(ソルガム・スーダングラス)

激発すれば植物体全体の枯死にもつながる重要な糸状菌病。梅雨前後に地際部から発病し、病斑が葉鞘を伝って上へ進展する。病斑は周縁部赤褐色、中心部灰褐色〜灰白色の雲形斑となる。発生後期には病斑上に褐色で表面が滑らかな菌核をつくり、これが地面に落ちて次の年の感染源となる。高温(特に30℃以上)高湿条件で多発し、罹病葉が隣の葉と接触してまん延する。病原菌はイネ菌と同じ菌糸融合群AG-1、培養型IAであるため、水田跡地で多発することが多い。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

紋枯病(ソルガム・スーダングラス)の関連キーワード紋枯病(パールミレット・ネピアグラス)紋枯病(オオクサキビ)紋枯病(トウモロコシ)株腐病(ライグラス)紋枯病(シコクビエ)紋枯病(飼料イネ)細胞壁合成阻害剤電子伝達系阻害剤農用抗生物質植物菌類病病虫害紋枯病

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android