コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋殻皮剥・紋殻皮剝 もんがらかわはぎ

大辞林 第三版の解説

もんがらかわはぎ【紋殻皮剥・紋殻皮剝】

フグ目の海魚。全長30センチメートルほど。体は卵形で側扁する。体色は黒褐色の地に淡青色・橙色・黄色など、腹面に白色円紋の模様がある。観賞魚。本州中部以南から熱帯域に分布。モンツノハゲ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

紋殻皮剥・紋殻皮剝の関連キーワード黒褐色観賞魚橙色分布体色卵形海魚腹面

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android