コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納める・収める(読み)おさめる

大辞林 第三版の解説

おさめる【納める・収める】

( 動下一 ) [文] マ下二 をさ・む
〔「治める」と同源〕
しかるべき所にしまう。また、しまって表に出さない。 「金庫に-・める」 「胸一つに-・める」
一定の枠に入れる。 「空いた所に書棚を-・める」 「食費を千円以内に-・める」
結果として手に入れる。 《収》 「成果を-・める」 「権力を手中に-・める」
贈り物などを自分の側に受け入れる。 「少々ですがお-・め下さい」
受け取り手に渡す。 《納》 「月末に-・める商品」 「会費を-・める」 「年貢を-・める」
中に取り入れる。 《収》 「目録に-・める」 「代表作を選集に-・める」
勢いを静める。 《収》 「怒りを-・める」
終わりにする。他の動詞に付けても用いる。 《納》 「歌い-・める」
死者を埋葬する。 「みまかりにける時に深草の山に-・めて/古今 哀傷詞
[慣用] 腹に- ・ ほこを- ・ 胸に-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android