コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙・パルプ工業 かみパルプこうぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

かみパルプこうぎょう【紙・パルプ工業】

新聞用や印刷用紙,ティッシュペーパーといった生活関連需要を満たす洋紙と,段ボール箱などの産業用包装資材の原紙となる板紙,および両者の原料であるパルプを供給する工業をいう。パルプを原料として各種紙類を生産する産業を製紙業ないし製紙工業という。
[世界の概況]
 パルプ生産はアメリカが世界の1/3余りを占め,2位のカナダを加えると北アメリカで世界生産の半分を占める。日本は中国に次ぎ4位である。カナダが最大の輸出国で,ほかにアメリカ,スウェーデン,フィンランドが主要輸出国である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

紙・パルプ工業の関連キーワードニュージーランド水酸化ナトリウム北海道苫小牧市日本製紙(株)パザルジーク北海道釧路市紙パルプ工業静岡県富士市化学機械工業北海道旭川市石油化学工業東海工業地域恵那[市]パルプ工業釧路(市)カウェラウリトアニア富士(市)シアトルセンサー

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android