コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素地・生地 きじ

大辞林 第三版の解説

きじ【素地・生地】

手を加えていないもとのままの性質。生まれつきの性質。 「 -を出す」
化粧をしていない肌。素肌。 「つやのある玉肌の-/少年 潤一郎
染色などの加工を施していない布地。また、縫製の材料としての布地。
陶磁器で、まだ釉うわぐすりをかけていないもの。特に、素焼きしていないものをいう。
小麦粉などのデンプンを材料とし、水分を加えて練ったもの。パンや麺などの整形・加熱調理をする前の状態。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android