素引・誘(読み)すびく

  • すび・く

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘自カ四〙 つっぱるようにぴくぴくと動く。痛みが走る。けいれんがおきる。
※今昔(1120頃か)二八「守(かみ)、簾超(すだれごし)に見遣れば、末の座に至るまで皆、腹鳴合て、すびき 合へり」
[2] 〘他カ四〙
① 弓の弦を少し引いてみて、張りの強さを試す。試みにひいてみる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② ものの値打や価値を確かめる。
※浮世草子・好色貝合(1687)下「かかは彼(かの)(かね)をとってすびいて見」
③ 気を引いてみる。さそい出す。また、相手の気持や考えを試してみる。そびく。
※玉塵抄(1563)四八「鯤が隣にみめのよい女あり此をすびいたぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android