コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素襖・素袍 すおう

1件 の用語解説(素襖・素袍の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

すおう【素襖・素袍】

おう系の衣服。直垂ひたたれ・大紋だいもんのもとと思われる。支配者層の変化により、庶民の平服であったものが武士の常服となり、江戸時代には下級武士の礼服となった。本来、麻の単ひとえで、胸紐ひも・菊綴じに革を用いる。袴は共布で腰紐も共布を使う。通常は半袴を用い、礼装の際は長袴を用いた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone