コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫紋羽病(アルファルファ)

1件 の用語解説(紫紋羽病(アルファルファ)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

紫紋羽病(アルファルファ)

株枯を引き起こす糸状菌病。初夏に若い葉の葉先から枯れ始め、一気にすべての葉がしおれ、褐色に枯れていく。根は主根部が紫色のフェルト状の菌糸で覆われ、根内部は腐敗している。罹病根表面に紫紅色、直径1mm程度の菌核をつくることがある。病原菌はきわめて多犯性で、多くのマメ科作物の他、果樹にも寄生する。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紫紋羽病(アルファルファ)の関連キーワード葉枯病(フェスク)葉枯病(チモシー)斑点病(レッドトップ)赤斑病(レッドトップ)褐斑病(リードカナリーグラス)褐斑病(ブルーグラス)黒あし病(アルファルファ)黒かび病(アカクローバ)黒かび病(クリムソンクローバ)黒かび病(ストロベリークローバ)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone