コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫紋羽病(アルファルファ)

飼料作物病害図鑑の解説

紫紋羽病(アルファルファ)

株枯を引き起こす糸状菌病。初夏に若い葉の葉先から枯れ始め、一気にすべての葉がしおれ、褐色に枯れていく。根は主根部が紫色のフェルト状の菌糸で覆われ、根内部は腐敗している。罹病根表面に紫紅色、直径1mm程度の菌核をつくることがある。病原菌はきわめて多犯性で、多くのマメ科作物の他、果樹にも寄生する。

出典 畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について 情報

紫紋羽病(アルファルファ)の関連キーワード紋羽病