コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川嘉六(ほそかわ・かろく、1888~1962)

1件 の用語解説(細川嘉六(ほそかわ・かろく、1888~1962)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

細川嘉六(ほそかわ・かろく、1888~1962)

泊町(現朝日町)の貧しい魚商の家に育ち、苦学して東京帝国大学法学部を卒業。読売新聞社などを経て、実業家・大原孫三郎が大阪に設立した大原社会問題研究所に20年に入所。退所後の42年、侵略戦争に反対した論文で治安維持法違反容疑に問われて逮捕された。自身は45年の終戦直後に免訴されたが、獄死4人などの横浜事件に発展した。戦後は、共産党参院議員などを務めた。

(2013-09-19 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細川嘉六(ほそかわ・かろく、1888~1962)の関連キーワード朝日町寒士懐育ち貧しい山育ち御嬢さん育ち屋敷育ち富山県下新川郡朝日町草野三重県三重郡朝日町小向三重県三重郡朝日町柿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone