コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細菌性結膜炎(カタル性結膜炎/化膿性結膜炎) さいきんせいけつまくえんかたるせいけつまくえんかのうせいけつまくえんBacterial Conjunctivitis

家庭医学館の解説

さいきんせいけつまくえんかたるせいけつまくえんかのうせいけつまくえん【細菌性結膜炎(カタル性結膜炎/化膿性結膜炎) Bacterial Conjunctivitis】

[どんな病気か]
 細菌の感染によっておこる結膜炎です。
 原因となる細菌(原因菌)には、ブドウ球菌、肺炎球菌、インフルエンザ菌、レンサ球菌、淋菌(りんきん)、緑膿菌(りょくのうきん)など、さまざまなものがあります。
[症状]
 細菌の種類によって多少異なりますが、一般的には急性または亜急性に発症し、充血、膿(うみ)をもっためやに(眼脂(がんし))や、ねばねばしためやに、流涙(りゅうるい)がおこります。とくに淋菌では、膿性のめやにをともなった結膜炎が特徴的です。
 重篤(じゅうとく)な場合には、細菌性角膜潰瘍(さいきんせいかくまくかいよう)(「細菌性角膜潰瘍」)ができて激しい眼痛をおこしたり、菌血症(きんけつしょう)や髄膜炎(ずいまくえん)などの全身の病気に至るものもあります。
[検査と診断]
 原因菌を確定するためには、菌の培養、薬剤の感受性テストが行なわれます。しかし、時間がかかるうえに、必ずしも原因菌が確定できるとはかぎりません。
[治療]
 病状から、炎症の原因となっている菌を推定して適応した薬剤が用いられますが、ふつうは、いろいろな種類の細菌に有効な抗生物質の点眼薬や軟膏(なんこう)が使用されます。
 なかなかよくならない場合には、真菌(かび)や特殊な細菌が原因かもしれません。菌の培養など詳しい検査をして原因菌を確定し、それに有効な薬剤を用いる必要があります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android