コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細菌性髄膜炎とインフルエンザ菌b型(Hib)

1件 の用語解説(細菌性髄膜炎とインフルエンザ菌b型(Hib)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

細菌性髄膜炎とインフルエンザ菌b型(Hib)

脳や脊髄(せきずい)を覆う髄膜に細菌が侵入して炎症が起きるのが細菌性髄膜炎Hibは、19世紀後半にインフルエンザ患者のたんから見つかったことから名付けられたが、ウイルスが原因であるインフルエンザとは関係ない。子どもの数%が鼻の奥やのどに保菌し、多くは症状が出ずに菌が消える。ほとんどの患者が5歳未満。

(2006-12-24 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細菌性髄膜炎とインフルエンザ菌b型(Hib)の関連キーワード髄膜髄膜炎脊髄炎脳脊髄膜流行性脳脊髄膜炎脊髄膜脳脊髄脳脊髄膜炎脊髄後根Hib(ヒブ)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone