コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細菌性髄膜炎とインフルエンザ菌b型(Hib)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

細菌性髄膜炎とインフルエンザ菌b型(Hib)

脳や脊髄(せきずい)を覆う髄膜に細菌が侵入して炎症が起きるのが細菌性髄膜炎。Hibは、19世紀後半にインフルエンザ患者のたんから見つかったことから名付けられたが、ウイルスが原因であるインフルエンザとは関係ない。子どもの数%が鼻の奥やのどに保菌し、多くは症状が出ずに菌が消える。ほとんどの患者が5歳未満。

(2006-12-24 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android