コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終える・卒える おえる

大辞林 第三版の解説

おえる【終える・卒える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 を・ふ
(他動詞)
(その時までしていた物事を)全部すませる。また、時間が経過して、終わりとなる。 「産卵を-・えたサケ」 「今日は早く仕事を-・えて帰った」 「彼女はこの町で静かな生涯を-・えた」
学校で、ある課程を修了する。 〔卒業の場合は「卒える」とも書く〕 「彼は小学校を-・えるとすぐ奉公に出た」
(自動詞)
終わる。果てる。 「天地あめつちと共に-・へむと思ひつつ/万葉集 176

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android