終・竟(読み)つい

大辞林 第三版の解説

つい【終・竟】

( 名 )
つまるところ。最後。はて。 「 -のすみか」 「 -のたのみ所/源氏 帚木
命の終わり。死ぬこと。 「 -の煙」 → ついに
( 副 )
ついぞ(終)」に同じ。 「先方でも、-音信をしないもんですから/婦系図 鏡花
[句項目] 終の煙 終のすみか 終の道 終の別れ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android