コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終末期医療をめぐる経過

1件 の用語解説(終末期医療をめぐる経過の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

終末期医療をめぐる経過

国が本格的に終末期医療の検討を始めたのは1980年代。高齢化と医療技術の進歩で多くの人が病院で最期を迎えるようになった。2000年代に入り、延命治療の中止をめぐる問題が相次いだ。北海道立病院で患者を脳死と判断し人工呼吸器を外した医師が05年5月に殺人容疑で書類送検された(06年8月に不起訴)。東海大安楽死事件(91年)では、薬の投与で患者の死期を早めた「積極的な安楽死」が罪に問われたが、北海道の例は治療中止が問題となるきっかけになった。

(2009-12-30 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

終末期医療をめぐる経過の関連キーワード晴海医療ADR終末医療物始め終末期医療新ラウンド厚生労働省検討会の終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン案日本救急医学会の救急医療における終末期医療のあり方に関するガイドライン案地域医療計画重度障害者の医療費補助

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone