コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

終身借家制度

1件 の用語解説(終身借家制度の意味・用語解説を検索)

かんたん不動産用語解説の解説

終身借家制度

「高齢者の居住の安全確保に関する法律」に基づく終身建物賃貸借契約による借家権のこと。60歳以上の高齢者(同居人は配偶者か60歳以上の親族)または同居 の配偶者が借り主になり、死亡するまで契約した住宅に入居できる仕組み。段差解消など一定のバリアフリー化を施し、都道府県知事の認可を受けた賃貸住宅が 対象となる。同居する配偶者や60歳以上の親族は、借り主が死亡しても1ヶ月以内に申し出れば、終身賃貸借を継続できる。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

終身借家制度の関連キーワード労働法ハートビル法老人保健法高齢者居住安定確保法高齢者居住法高齢者の医療の確保に関する法律高齢者向け優良賃貸住宅前期高齢者高齢者の居住の安定確保に関する法律終身建物賃貸借制度

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone