コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きずな キズナ

6件 の用語解説(きずなの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きずな[人工衛星]

JAXA宇宙航空研究開発機構)と情報通信研究機構が共同開発した通信衛星WINDS(ウインズ)の愛称。平成20年(2008)2月に打ち上げ。アジア太平洋地域の離島や山間地域における高速・大容量のデータ通信サービスの提供、災害時の通信手段の確保、遠隔診断などを目的とする。一般家庭向けに下り155Mbps、上り6Mbps、直径5メートルクラスのアンテナを利用すると、最大1.2Gbpsのデータ通信を行うことができる。

き‐ずな〔‐づな〕【×絆/×紲】

人と人との断つことのできないつながり。離れがたい結びつき。「夫婦の―」
馬などの動物をつないでおく綱。

はん【絆】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ハン(呉)(漢) バン(慣) [訓]きずな ほだし ほだす
〈ハン〉つなぎとめるひも。束縛するもの。きずな。「羈絆(きはん)脚絆(きゃはん)
〈バン〉つなぎとめる。「絆創膏(ばんそうこう)

ふもだし【×絆】

ほだし(絆)」に同じ。
「馬にこそ―かくもの」〈・三八八六〉

ほだ【×絆】

ほだし3」に同じ。
「縄に掛かり、足へ―をはめて居る」〈伎・四千両

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふもだし【絆】

馬をつなぎとめておく綱。ほだし。 「馬にこそ-かくもの牛にこそ鼻縄著くれ/万葉集 3886

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きずなの関連キーワード宇宙航空研究開発機構ISASNASDAMTサットNALじきけんしんせいたいようたんせい二号でんぱ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

きずなの関連情報