コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経常収支と世界経済の不均衡

1件 の用語解説(経常収支と世界経済の不均衡の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

経常収支と世界経済の不均衡

経常収支」は海外とのモノやサービスのやりとりを通して受け取ったお金と支払ったお金の差額。「貿易収支」は経常収支の構成要素で、モノの輸出入の差額のこと。米国のように経常収支が大幅赤字の国と、中国のように大幅黒字の国が出てきた状態を世界経済の不均衡と呼んでいる。ゆがみ是正のため、赤字国には貯蓄を、黒字国には消費を増やすことがそれぞれ求められる。米国は、中国の人民元が実態より割安で、輸出に有利な状況が続いていることがゆがみを大きくしているとして、中国に人民元の一層の切り上げを求めている。

(2011-02-20 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone