コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経常収支と世界経済の不均衡

1件 の用語解説(経常収支と世界経済の不均衡の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

経常収支と世界経済の不均衡

経常収支」は海外とのモノやサービスのやりとりを通して受け取ったお金と支払ったお金の差額。「貿易収支」は経常収支の構成要素で、モノの輸出入の差額のこと。米国のように経常収支が大幅赤字の国と、中国のように大幅黒字の国が出てきた状態を世界経済の不均衡と呼んでいる。ゆがみ是正のため、赤字国には貯蓄を、黒字国には消費を増やすことがそれぞれ求められる。米国は、中国の人民元が実態より割安で、輸出に有利な状況が続いていることがゆがみを大きくしているとして、中国に人民元の一層の切り上げを求めている。

(2011-02-20 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経常収支と世界経済の不均衡の関連キーワード経常収支データベースサービスブランド化サービス移転収支国際収支サービスダウンワイヤサービス経常収支(Current Balance)国際収支(International Balance of Payment)サービスジャッジ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone