コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)

外国為替用語集の解説

経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)

OECD。欧米などの先進国を中心とする加盟国間の協力によって、経済成長の促進、開発途上国への援助、世界貿易の拡大などを目指す国際機構。1961年、マーシャル・プラン(ヨーロッパ復興計画)の受入れ機関であったOEEC(ヨーロッパ経済協力機構)を改組して発足。日本は1964年に加盟、現在の加盟国数は30。本部はフランスのパリ。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)の関連キーワードOECD(Organization for Economic Cooperation and Development)OECD情報セキュリティガイドライン経済協力開発機構・原子力機関ピエール・カルロ パドアンエミール・バン レネップ外国公務員贈賄防止条約ホセ・アンヘル グリアTiVAイニシアチブI.R. バーネットアーサー ドゥンケルタックス・ヘイブン米国の医療保険制度協働型問題解決能力マーティン リーズヨーロッパ通貨協定OECD日本とパキスタン国際成人力調査グリーンGNP日韓の留学生数

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android