コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)

1件 の用語解説(経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)

OECD。欧米などの先進国を中心とする加盟国間の協力によって、経済成長の促進、開発途上国への援助、世界貿易の拡大などを目指す国際機構。1961年、マーシャル・プラン(ヨーロッパ復興計画)の受入れ機関であったOEEC(ヨーロッパ経済協力機構)を改組して発足。日本は1964年に加盟、現在の加盟国数は30。本部はフランスのパリ。

出典|(株)マネーパートナーズ
外国為替用語集について | 情報

経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)の関連キーワード貧困率子どもの貧困国際成人力調査汚染者負担原則PPPリカレント教育拡大生産者責任EPRタックスヘイブン医師不足と医学部定員

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone