コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)

1件 の用語解説(経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)

OECD。欧米などの先進国を中心とする加盟国間の協力によって、経済成長の促進、開発途上国への援助、世界貿易の拡大などを目指す国際機構。1961年、マーシャル・プラン(ヨーロッパ復興計画)の受入れ機関であったOEEC(ヨーロッパ経済協力機構)を改組して発足。日本は1964年に加盟、現在の加盟国数は30。本部はフランスのパリ。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

経済協力開発機構(OECD:Organization for Economic Cooperation and Development)の関連キーワードIEA真臘先進国先進国首脳会議ブーメラン効果京都メカニズム主要先進国首脳会議柱割OECD(Organization for Economic Cooperation and Development)先進国と途上国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone