経済統合協定(EIA)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

経済統合協定(EIA)

特許制度や環境規制など内政面のルールにまで踏み込んで2国間の経済制度を共通化し、事実上の市場統合を実現する構想。世界でも締結の実績はない。これに対し、自由貿易協定(FTA)は、特定の国や地域との間で、関税サービス貿易障壁などをなくす取り決め。経済連携協定(EPA)は、FTAを柱に知的財産権制度や投資保護ルールなどにまで対象を広げる協定。日本政府はEPAに軸足をおいている。

(2008-07-05 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android