コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経験曲線 けいけんきょくせん

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

経験曲線

過去からの累積生産量が多いほど、その生産や販売などに掛かるコストが下がる現象をいう。 横軸に累積生産量を、縦軸に単位コストをとったグラフで表され、累積生産量が増加するほど一定の比率で単位コストが低減する。この比率は習熟率と言い業種によって異る。 一般に、労働集約的でかつ同じ作業が何度も繰り返されるような産業ほど、習熟率が高いといえる。 経験曲線をもたらす要因には、労働者の習熟による能率の向上や作業の標準化、工程や動作の改善などがあるとされる。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

経験曲線の関連キーワード規模の経済習熟性工学学習曲線

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android