コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結合法 けつごうほう

大辞林 第三版の解説

けつごうほう【結合法】

〘哲〙 ライプニッツが提唱した普遍的記号法。複合概念を少数の単純概念の結合から計算により導き出そうとする試み。現代の記号論理学の先駆とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

結合法の関連キーワードハイトラー‐ロンドンの理論ハイトラー=ロンドンの理論アルスコンビナトリアベルツェリウス形式不易の原理非結合的代数ライプニッツ原子価結合法有機反応論固定化酵素分子軌道法環(数学)記号論理学群(数学)客観テスト交換法則結合法則小屋組み共通集合ガスリー

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android