結城孫三郎(初代)(読み)ゆうき まごさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城孫三郎(初代) ゆうき-まごさぶろう

?-? 江戸時代前期の人形芝居の座元。
寛文5年(1665)江戸で説経節人形芝居結城座をひらいたとつたえられる。のちの代になって義太夫節の糸操(あやつ)り人形芝居を興行したというが,2代から8代までの伝記は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android