コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結納返し

結婚式・ウェディング用語集の解説

結納返し

結納返しとは、その名の通り結納品のお返しのことです。結納返しには、頂いた結納品に対してのお礼と、これから宜しくお願いしますとの意を込めましょう。本来、結納返しは結納と同じ日ではなく日を改めて行うのですが、最近では結納と結納返しを同時に行うケースも増えてきています。結納返しの品物には、結納の時頂いた結納品と同等あるいは少々控えめなものを選ぶとよいです。使用する和紙の色は、緑や青、またはそれに近い色を用いることが多く、結納返しは白木の上に載せて取り交わします。結納返しの際に、「御袴料」や「袴地料」として結納金の一部を相手に渡すようにしましょう。関東では頂いた結納金の半分を包むのが一般的とされています。一方関西では、結納金の一割程度を結納返しとして包むのが一般的です。結納返しも結納と同様に地域によってそのやり方が大きく違ってきます。両家の地域の慣習をあらかじめ調べておいて、確認しながら進めていくとよいでしょう。しかし最近では結納返しもお金ではなく、新郎の希望する物を返すという場合も増えてきているようです。

出典|ウェディングプリンセス結婚式・ウェディング用語集について | 情報

結納返しの関連情報