コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結納返し

2件 の用語解説(結納返しの意味・用語解説を検索)

結婚式・ブライダル用語集の解説

結納返し

結納返しとは、頂いた結納品に対してお返しする御礼品のこと。「これから共に末永くよろしくお願いします」という思いを意味します。結納返しの品物は、相手の結納品と同等もしくは控めな品を御用意しましょう。一般的には、頂いた結納金の一割を御袴料としてお包みします。(関東式の場合は結納金の半額を御袴料とします。)また、御袴料を現金でなく、品物を贈ることも。現在では、結納と結納返しを同時交換する場合が多いようです。「返し熨斗(かえしのし)」「土産熨斗(みやげのし)」とも言います。そして床の間に向かって右側が上座で、床の間に向かって左側の下座になります。

出典|2story.net
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結婚式・ウェディング用語集の解説

結納返し

結納返しとは、その名の通り結納品のお返しのことです。結納返しには、頂いた結納品に対してのお礼と、これから宜しくお願いしますとの意を込めましょう。本来、結納返しは結納と同じ日ではなく日を改めて行うのですが、最近では結納と結納返しを同時に行うケースも増えてきています。結納返しの品物には、結納の時頂いた結納品と同等あるいは少々控えめなものを選ぶとよいです。使用する和紙の色は、緑や青、またはそれに近い色を用いることが多く、結納返しは白木の上に載せて取り交わします。結納返しの際に、「御袴料」や「袴地料」として結納金の一部を相手に渡すようにしましょう。関東では頂いた結納金の半分を包むのが一般的とされています。一方関西では、結納金の一割程度を結納返しとして包むのが一般的です。結納返しも結納と同様に地域によってそのやり方が大きく違ってきます。両家の地域の慣習をあらかじめ調べておいて、確認しながら進めていくとよいでしょう。しかし最近では結納返しもお金ではなく、新郎の希望する物を返すという場合も増えてきているようです。

出典|ウェディングプリンセス
©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結納返しの関連キーワード一台飾り金包結納飾り結納品手順1~結納~白木の献上台略式結納御返し茶代返し礼返し

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結納返しの関連情報