コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

給う たまう

大辞林 第三版の解説

たまう【給う】

( 動五[四] )
〔古語の動詞「たまふ(賜・給)」の現代での用法〕
動詞の連用形に付いて、補助動詞として用いられる。男性が同輩または同輩以下の人に対して、軽い敬意または親しみの気持ちをこめていう。命令形「たまえ」の形で命令の意を表すのに多く用いられるが、命令形以外の形もまれには用いられる。 「まあ入り-・え」 「これを見-・え」 「おい、よし-・え」 「あまり悲しみ-・うな」 → たまう(動四)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

給うの関連キーワードヨハネス・マーリオ ジンメルピューリタン革命/権利請願オクセンシェーナベネディクツスマンダレーヒルバハーイー教いざさせ給えリバイアサン中村 良夫ピンダロス吉田 隆子バハーイ教徳大寺実定土地国有論イスラム教萩元 晴彦眺め明かす事の便り高坂虎綱立原道造

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

給うの関連情報