給特法(公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

給特法(公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法)

教員の仕事は複雑で勤務時間管理が難しいという「特殊性」から、残業代を支払わない代わりに月給の4%に当たる「教職調整額」を一律に支給するというもの。法律が成立した1971年当初に比べると教員の仕事内容が多岐にわたって増大し実態と合わなくなっていることや、勤務時間の管理がおろそかになっていることなどが問題になっている。

(2018-04-07 朝日新聞 朝刊 2道)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

給特法(公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法)の関連情報