絨緞・絨毯・絨氈(読み)じゅうたん

精選版 日本国語大辞典「絨緞・絨毯・絨氈」の解説

じゅう‐たん【絨緞・絨毯・絨氈】

〘名〙 厚い毛織物一種。生地の(たていと)・緯(よこいと)の他に毳(けば)状または輪奈(わな)状となる毛を用いた織物。無地のものもあるが、多くは模様を織り出している。現在では主として(ゆか)敷物として用いるが、一九世紀までは、テーブル掛けや各種のカバーなどにも用いられた。日本には中国から伝来し、花毛氈と称していた。カーペット。《季・冬》
東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉六「筵席渾へて(〈〉ジウダン)を敷き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android