コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統合失調症と広汎性発達障害

1件 の用語解説(統合失調症と広汎性発達障害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

統合失調症と広汎性発達障害

統合失調症は、幻聴や妄想などの症状がある精神疾患。治療は薬物投与と心理社会的ケアが柱となる。広汎性発達障害は脳の機能障害とされ、他人との交流や想像力に困難を抱える。知的な遅れがない場合はアスペルガー症候群とも呼ばれ、優れた記憶力や芸術的才能を持つ人もいる。根本的な治療法はないが、ロールプレーなどで人とのかかわり方を学んだり周囲が理解しフォローしたりすることで生活しやすくなる場合がある。

(2010-04-23 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

統合失調症と広汎性発達障害の関連キーワード誇大妄想自律神経失調症ハロペリドール被害妄想ブロイラー統合失調症作為体験追跡妄想反響症状耳鳴り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone