統合Windows認証(読み)とうごううぃんどうずにんしょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

統合Windows認証

Internet ExplorerでWebサーバーに接続する際に利用できるユーザー認証方式。ユーザー名とパスワードを必要とする基本認証とは異なり、コンピューター上のWindowsユーザーアカウント情報が認証のために使われる。ユーザー名やパスワードがネットワーク上で転送されないので安全性が高い。統合Windows認証は、Internet Explorerでのみ利用でき、またプロキシサーバーなどを介して通信する場合には利用できないことがあるので、同じ安全なドメイン内にあり、アカウントが統一的に管理されているイントラネット環境で利用される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android