コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵草紙・絵双紙 えぞうし

大辞林 第三版の解説

えぞうし【絵草紙・絵双紙】

江戸時代に作られた、女性や子供向きの絵入りの小説。表紙の色により赤本・黒本・青本・黄表紙などに分けられる。草双紙。
江戸時代、世の中の出来事を絵入りで説明した、一、二枚刷りの読み物。瓦版。
錦絵にしきえ 」に同じ。
〔「 絵草紙番付 」の略〕 「 絵本番付 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

絵草紙・絵双紙の関連キーワード絵本番付絵入り