絶入・殺入(読み)せつじゅ

精選版 日本国語大辞典「絶入・殺入」の解説

せつ‐じゅ【絶入・殺入】

〘名〙 (「ぜつじゅ」とも。「じゅ」は「入」の慣用音) たえいること。気絶すること。一時息の絶えること。ぜつにゅう。ぜつじゅう。ぜつじ。
玉葉‐安元二年(1176)一〇月二日「五条三位俊成、日来煩咳病、去月廿八日両度絶入」
※屋代本平家(13C前)五「が嗔(いか)て向ふ時は、大の男も絶入(セツシュ)す」
易林本節用集(1597)「殺入 セツジュ」

せつ‐じ【絶入・殺入】

〘名〙 (「ぜつじ」とも) 「せつじゅ(絶入)」の変化した語。〔饅頭屋本節用集(室町末)〕
浮世草子懐硯(1687)三「肝心の鼻柱をしたたかにくわされ、絶入(セツジ)する所を抓んで放れ、忽眼くらみ三度舞ふ迄は叶ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android