コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

継ぎ目判・継目判 つぎめはん

大辞林 第三版の解説

つぎめはん【継ぎ目判・継目判】

古文書の料紙のつぎ目に押した印。文書の接続の正当性を保証し、改ざんを防ぐためのもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

継ぎ目判・継目判の関連キーワード正当性改ざん古文書料紙