継子物(読み)ままこもの

大辞林 第三版の解説

ままこもの【継子物】

文芸・演劇の一系統。継子が継母や異母姉妹に虐げられるが、貴公子の出現や神仏の加護で幸福を得、継母たちには相応の報いが下るというもの。中将姫説話、「落窪物語」、御伽草子の「鉢かづき」、紅皿欠皿説話など多数あり、能・浄瑠璃・歌舞伎などにも脚色されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android