コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綱引き・綱曳き つなひき

大辞林 第三版の解説

つなひき【綱引き・綱曳き】

二組に分かれて一本の綱を両側から引き合い、相手を引き寄せた方を勝ちとする競技。運動会の種目や、スポーツ競技として行われる。
その年の吉凶や農作・漁獲の豊凶を占う正月の神事。 [季] 新年。 《 -に小家の母も出にけり /西吟 》
一つのものを二者でとりあって争うこと。 「開催地誘致の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

綱引き・綱曳きの関連キーワード西吟

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android