コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾小路俊量 あやのこうじ としかず

美術人名辞典の解説

綾小路俊量

室町後期の公卿・歌人。中納言有俊の子。正二位権中納言に至る。永正11年に落飾し法名を景琇とした。『新菟玖波集』作者。家伝の郢曲や笛を能くした。永正15年(1518)歿、68才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

綾小路俊量の関連キーワード霊山深山綾小路流蓬萊山小歌

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android