コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綾小路俊量 あやのこうじ としかず

美術人名辞典の解説

綾小路俊量

室町後期の公卿・歌人。中納言有俊の子。正二位権中納言に至る。永正11年に落飾し法名を景琇とした。『新菟玖波集』作者。家伝の郢曲や笛を能くした。永正15年(1518)歿、68才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

綾小路俊量の関連キーワード霊山深山綾小路流蓬萊山小歌

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android