コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊急人材育成支援事業

1件 の用語解説(緊急人材育成支援事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

緊急人材育成支援事業

非正規労働者や長期失業者など失業手当が受けられない求職者の再就職を支援する制度で昨年7月に始まった。受講料は国が負担し、世帯年収が300万円以下の場合、訓練中の生活費として月10万~12万円が支給される。訓練内容はパソコン、福祉・介護、観光、建設などで期間は3カ月~1年。厚生労働省によると、受講申込者は全国で約14万人。修了3カ月後に訓練生の60%以上を就職させることを目標に掲げている。

(2010-05-15 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緊急人材育成支援事業の関連キーワード休業手当失業保険失業者失業人口失業手当就職促進給付失業率(Unemployment Ratio)失業手当の給付日数キャリアアップハローワーク(非正規労働者就労支援センター)若者と雇用

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone