緊急度と重要度(読み)きんきゅうどとじゅうようど

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

緊急度と重要度

仕事に対する優先順位をつけるときは、緊急度と重要度を加味する必要がある。 スティーブン・R・コヴィーは著書『七つの習慣』で、すべての活動を緊急度と重要度という軸で四つの領域に分類し、以下のように説明している(時間管理のマトリックス)。 重要かつ緊急の活動(第一領域)は「問題」「危機」である。これらに対処する活動に集中している限りは、それに振り回され圧倒されてしまう。一方で、重要だが緊急でない活動(第二領域)は、なかなか手が付けられないことが多いのだが、これらこそが問題の根本に働きかける活動である。これらに時間を投資することこそが問題を未然に防ぎ、大きな成果につながるのである。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android