コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊急調整地域の指定制度

1件 の用語解説(緊急調整地域の指定制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

緊急調整地域の指定制度

02年にタクシーの増車と新規参入が自由化された際、台数の急増による売り上げの低下や、安全性に問題が生じるのを防ぐために導入された制度。指定されると新会社の参入も既存の社の増車も禁止される。02〜06年に沖縄が指定されて以来、適用は仙台が2例目。国土交通省は昨年11月、「事故」「重大事故」の増加率がともに2年連続で全国平均を上回るなどの要件を緩和させ、事故件数が全国平均を上回る傾向であれば指定できるようにすることを決め、仙台での適用が可能になった。

(2008-01-10 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緊急調整地域の指定制度の関連キーワード託送神風タクシータクシーング新規参入の脅威新規参入者(農業)新規就農者タクシーの規制緩和新規参入の就農者タクシー規制タクシーの再規制

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone