コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊急需給調整(市場隔離)

1件 の用語解説(緊急需給調整(市場隔離)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

緊急需給調整(市場隔離)

豊作などの理由で市場での供給が過剰となり、価格が著しく下落した農産物について、一定量の出荷を停止し、価格の調整をする措置。生産者の保護と消費者への農産物の安定供給が狙い。緊急需給調整を行った生産者には、国と生産者の積立金から一定の交付金が支払われる。08年は2月と8月に青森や福岡などでダイコン計1010トン、2月に鹿児島と福岡でハクサイ1030トンが緊急需給調整の対象となり、出荷を見送った。

(2008-09-20 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緊急需給調整(市場隔離)の関連キーワード廃棄候補ブランド先端巨大症市場価格インスリノーマ国際商品市場認識理由エネルギー過剰売買参加者Leave of AbsenceSuspend

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone