コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合文化施設(仮称・あかがねミュージアム)

1件 の用語解説(総合文化施設(仮称・あかがねミュージアム)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総合文化施設(仮称・あかがねミュージアム)

JR新居浜駅前土地区画整理事業(約28ヘクタール)の核で、人口約12万5千産業都市の玄関口の顔として駅周辺のにぎわい創出の拠点。駅北東の敷地は1万1572平方メートル美術館や小劇場、太鼓台ミュージアムなどを備えた地下を含む3階建て。建物面積7340平方メートル。総事業費約63億5千万円(建物本体約37億円。土地約17億1千万円)。財源は国が7割面倒をみる合併特例債(29億4千万円)、国の社会資本整備総合交付金(14億5千万円)、寄付を含む85年から積み立ててきた文化振興基金約18億円などを充てる。維持管理に年間約1億6千万円を見込む。

(2012-11-02 朝日新聞 朝刊 愛媛全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合文化施設(仮称・あかがねミュージアム)の関連キーワード土地区画整理事業土地区画整理法区画整理換地・換地処分盛岡南新都市土地区画整理事業日進竹の山南部特定土地区画整理事業折尾土地区画整理事業JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業土地区画整理審議会保留地(土地区画整理)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone