コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合的な学習の時間(総合学習)

1件 の用語解説(総合的な学習の時間(総合学習)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総合的な学習の時間(総合学習)

2002年度から小中学校で本格的に始まった。教科横断的に自ら学び、考える力を身につけるのが狙い。「ゆとり教育」の象徴でもあったが、「脱ゆとり」路線のもと、小学校では昨年度、中学校は今年度から授業時数が減った。現行の年間授業時数は、小学3~6年が年70時間、中学では1年が年50時間、2~3年が年70時間。高校では3~6単位が必修。

(2012-11-07 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合的な学習の時間(総合学習)の関連キーワード尋常中学校土曜授業学年別のいじめ発生件数小学校英語入試の解禁日統一と早期化小学校での英語学習学校の英語新学習指導要領とNIE小学校の授業時間増コミュニティ・スクール(CS)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone