コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合評価方式入札

1件 の用語解説(総合評価方式入札の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総合評価方式入札

価格のほかに技術提案などの要素も加味して落札者を決める入札方式ゼネコン汚職を契機とした入札制度改革の一環で、旧建設省が99年度から直轄の公共工事で試行し、00年度から一定額以上の入札で原則化した。国土交通省は現在、予定価格2億円以上を適用対象とし、今年度は8割の工事(金額ベース)での実施を目標としている。

(2006-12-07 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合評価方式入札の関連キーワードOSTAオープン価格価格決定全射要素価格均等化定理唄浄瑠璃葛飾派加味出城権利行使価格

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone