コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合評価落札方式

1件 の用語解説(総合評価落札方式の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総合評価落札方式

公共事業の入札で、企業の技術力や施工の実績を点数化し、入札価格で割って「評価値」を算出。その数値が最も高い業者を落札者とする。公共事業の減少で価格競争が激化する中、品質低下が懸念され、1999年に試行、2008年度から原則実施となった。

(2012-10-18 朝日新聞 朝刊 高知全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総合評価落札方式の関連キーワード林業補助金事業団談合公共事業再評価制度公共事業評価監視委員会事業再評価監視委員会総合評価方式入札財政再建と公共事業費県建設産業振興プラン特定公共事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

総合評価落札方式の関連情報