コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総合評価落札方式

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総合評価落札方式

低価格化の過当競争による品質低下や、談合を防ぐため、入札金額だけでなく提案内容などを評価する方式。1999年に国が最初に採用した。中部地方整備局は2005年度から導入し、06年度には同局発注工事の約70%(件数ベースで)で実施された。現在は全国的に、ほぼ全ての公共工事で採り入れられている。

(2017-04-20 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android