コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総本山善通寺と五岳山

1件 の用語解説(総本山善通寺と五岳山の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総本山善通寺と五岳山

四国霊場75番札所の総本山善通寺は昨年、創建1200年を迎えた。弘法大師空海が774年にこの地で生まれたとされ、境内には大師をまつった御影堂(みえどう)や金堂、五重塔などが立ち並ぶ。五岳山は、総本山善通寺から西方へ香色山(こうしきざん)(157メートル)、筆(ふで)ノ山(やま)(295・7メートル)、我拝師山(がはいしやま)(481・2メートル)、中山(なかやま)(439メートル)、火上山(ひあげやま)(408・9メートル)と東西へ連なった五つの山の総称で、同寺の山号。また、その山並みから「屏風(びょうぶ)浦」とも言われる。我拝師山には73番出釈迦寺(しゅっしゃかじ)奥の院があり、岩場の絶壁は、7歳の弘法大師が「自分の命が助かれば、世のために身を尽くそう」と誓って身を投げ、釈迦如来と天女に助けられたとされる場所で、「捨身ケ嶽(しゃしんがたけ)」と呼ばれる

(2007-02-25 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

総本山善通寺と五岳山の関連キーワード善通寺市善通寺札所本山四国巡礼四国八十八箇所総本山逆打ち順打ち仏通寺派

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone