コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総社市の赤米(あかごめ)

1件 の用語解説(総社市の赤米(あかごめ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

総社市の赤米(あかごめ)

総社市新本に二つある国司(くにし)神社では赤米を栽培し、奉納する神事が残されており、1985年に県の重要無形民俗文化財に指定された。市や地元保存会によると、神事として赤米の保存を続けているのは全国で総社市と長崎県対馬市鹿児島県種子島の3カ所という。

(2013-06-02 朝日新聞 朝刊 岡山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone