コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総領・惣領(読み)そうりょう

大辞林 第三版の解説

そうりょう【総領・惣領】

家を継ぐ子。あととり。
長男または長女。
上代の地方行政官。筑紫・吉備きびなどの要地に置かれ数か国を統治した。大宝令施行により大宰府(筑紫総領)以外は廃止された。すべおさ。すぶるおさ。
中世、特に鎌倉時代、武家社会における一族の長。一族の祭祀の中心となり、一族・庶子を統率し、御家人として鎌倉殿に奉仕した。
すべてを支配すること。全部を領有すること。 「将軍があとをば母堂の二位の尼-して/愚管 6
[句項目] 総領の甚六

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android