緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道

デジタル大辞泉プラスの解説

緑色の濁ったお茶あるいは幸福の散歩道

山本昌代の小説。1994年刊行。4人家族の日常を淡々と描く。1995年、第8回三島由紀夫賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android