コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緒方 竹虎 オガタ タケトラ

20世紀日本人名事典の解説

緒方 竹虎
オガタ タケトラ

大正・昭和期の政治家,新聞人 衆院議員(自民党);元・自由党総裁;元・朝日新聞社副社長。



生年
明治21(1888)年1月30日

没年
昭和31(1956)年1月28日

出生地
山形県山形市

出身地
福岡県福岡市

学歴〔年〕
早稲田大学専門部政経科〔明治44年〕卒

経歴
明治44年大阪朝日新聞社に入り、大正14年「東京朝日新聞」編集局長、昭和3年朝日新聞社取締役、11年主筆・代表取締役、18年副社長を歴任。この間、15年大政翼賛会総務。19年政界に転じ、小磯内閣国務相兼情報局総裁に就任、戦時下の言論統制にあたった。同年大政翼賛会副総裁兼任。20年4月辞職し、鈴木内閣の顧問をつとめ、つづく敗戦後の東久邇内閣で国務相として敗戦処理に奔走した。同年12月戦犯容疑者に指名され、21年8月公職追放。解除後、27年衆院議員(自由党)に当選、以後3回連続当選。同年第4次吉田内閣の副総理兼内閣官房長官、28年第5次吉田内閣の副総理を経て、29年自由党総裁に就任。30年保守合同を促進し自民党総裁代行委員となるが、次期総裁・総理を目前にして急死した。著書に「議会の話」「人間中野正剛」「一軍人の生涯―回想の米内光政」がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

緒方 竹虎
オガタ タケトラ


肩書
衆院議員(自民党),元・自由党総裁,元・朝日新聞社副社長

生年月日
明治21年1月30日

出生地
山形県山形市

出身地
福岡県福岡市

学歴
早稲田大学専門部政経科〔明治44年〕卒

経歴
明治44年大阪朝日新聞社に入り、大正14年「東京朝日新聞」編集局長、昭和3年朝日新聞社取締役、11年主筆・代表取締役、18年副社長を歴任。この間、15年大政翼賛会総務。19年政界に転じ、小磯内閣の国務相兼情報局総裁に就任、戦時下の言論統制にあたった。同年大政翼賛会副総裁兼任。20年4月辞職し、鈴木内閣の顧問をつとめ、つづく敗戦後の東久邇内閣で国務相として敗戦処理に奔走した。同年12月戦犯容疑者に指名され、21年8月公職追放。解除後、27年衆院議員(自由党)に当選、以後3回連続当選。同年第4次吉田内閣の副総理兼内閣官房長官、28年第5次吉田内閣の副総理を経て、29年自由党総裁に就任。30年保守合同を促進し自民党総裁代行委員となるが、次期総裁・総理を目前にして急死した。著書に「議会の話」「人間中野正剛」「一軍人の生涯―回想の米内光政」がある。

没年月日
昭和31年1月28日

家族
兄=緒方 大象(生理学者) 三男=緒方 四十郎(日本開発銀行副総裁

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緒方 竹虎の関連情報